スポンサーサイト

  • 2012.01.21 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    戦国時代の殿様を現代風に例えると

    • 2010.08.18 Wednesday
    • 22:15
    父親に読んでみろと言われ最近読み始めた本がある。
    それは司馬遼太郎の「国盗り物語」だ。

    この本を読んでみると信長だけの話ではなく、斎藤道三、明智光秀のストーリーも書かれていて、斎藤道三がいい人に見えた。また明智光秀がどうやってはいあがっていったのかもきになった。
    ちなみに今回読んだのは第三巻で 織田信長(前編)だ。

    過去の偉人をサラリーマン風に表現してみようと思う。
    注:これはヤマピー的なイメージ

    まずは
    織田信長 大手会社の社長    理由;無口、頭がきれる、冷徹、野心家
    豊臣秀吉 営業マン(次期社長の座を狙う)     
                    理由;話し上手、女好き、リーダー格、気が利く
    明智光秀 政治家        理由;努力家、勉強家、忠誠心が強い
    徳川家康 公務員        理由;平和主義、策略家
    斎藤道三 ベンチャー企業の社長 理由;人を操るのがうまい、人情味がある

    って感じです。まだまだ有名な大名は多いですがとりあえずこんな感じで。
    1番ぴったりだと思うのは信長、秀吉の例えだと思う。
    改めて信長は恐ろしい人だ。大手会社の代表取締役に当てはまる。やはり信長ぐらいの器がないと大手会社のトップは務まらないと思う。
    秀吉はコミュニケーションがうまいからやり手の営業だね、無口な信長の信頼を得たのだから、それはそれですごい!!

    スポンサーサイト

    • 2012.01.21 Saturday
    • 22:15
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      おりょ? (・ω・)?

      明智光秀  理由;忠誠心が強い
      ↑って、上司の信長さんごと寺を燃さなかったっけ?

      (※すけ。の社会の成績は、5段階で2です)
      • すけ。
      • 2010/08/19 11:10 PM
      >すけ。
      いつもコメントありがとう!
      「国盗り物語」を読んで知ったんだけど、明智光秀はずっと信長をライバル視していたみたい。だから信長が大名の子供に生まれたおかげで、苦労せずにそのまま殿様になったのが気に入らなかったらしい。ちなみに戦で明智光の一族は家族が離散して光秀自身は浪人も経験してるのさ。光秀は浪人時代、足利氏に国を治めてもらうために坂本龍馬のように活躍したのよ(これは信長の家臣になる前)。
      • ヤマピー
      • 2010/08/20 1:02 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << December 2017 >>

      アクセストレード


      Amazon新書・文庫検索

      EPSON Colorio インクジェット複合機

      【GOM PLAYER】

      amazon

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM