スポンサーサイト

  • 2012.01.21 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    反省点

    • 2010.10.30 Saturday
    • 21:31
    余談ですがヤマの最近のストレス発散方法

    人に話す。
    甘いもの食べて、あまーいコーヒーを飲む。
    「モヤモヤさまぁ〜ず2」を見る。ゆるーい番組の雰囲気に癒される!!
    ゆっくりwebデザインのサイトを考えて、いじる。
    休日の前日にビールをゴクリするとき。
    リラックス系の音楽を聞く。
    録画しておいたドラマを休日に見るとき。

    ざっと考えてみるとこんな感じ

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    2010年もあと残すところ2ヶ月。何気なく平凡な毎日を過ごすのもありだけど、そうやっているだけでも歳はとるもの。
    ちなみに私の年齢で、すでに両親は結婚して子供ができていた。

    周りを見ると結婚している人、婚活している人、仕事で役職ついてばりばり仕事をこなしている人・・・etc。人それぞれですね〜。

    ヤマバージョン
    【20代前半】
    会社が全てであって、休日はだらだらして過ごす。

    【20代後半】
    目標ができ、仕事はアルバイトから再スタート。休日もPCいじりがメイン。

    この先どう進んでいくか?

    どんな会社でも働き続けること。欲を言えば、環境面がしっかりしている会社でストレスなく働くこと。

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    職場の環境面について最近感じたこと

    先日、職業訓練校で一緒だった友達と久々会って話した。ベンチャー企業には就職しやすい反面、マイナス個所もある。それをどう受け止めるか?と話題になり、30代の友人は転職を考えるといった。私はいままではそういう環境でも仕方がないと思ってやってきた。でも、その友人の言うように福利厚生面・・・環境も大事だという事が最近感じるようになった。

    また、ある人に言われたのは結婚するときって、一大決心をして決めるでしょ?何回もできるものではないものだから。同じように仕事もそういう風に考えたら、簡単には決められないってことはわかる?と言われた。
    まず仕事を結婚と同じ部類として意識して考えたことがなかった。もし入社した会社で一生働かなければいけない制度だったら?嫌でもそこで働くしかない。または一生ニートだ。
    そう考えると必然的に就職活動は慎重になる。


    以前の職場の上司の話を思い出した。その上司が、当時内定をゲットした会社の人事と労働条件の確認を行ったときに、自分が認識していた条件と内容が違うから。ということで採用を辞退したという話を聞いた。そんな大それたことは私にはできないと思っていたが、今思えばそれは全然ありえることなのかもしれない。給料面とか福利厚生、勤務日はしっかり把握しておく必要がある。それをきちんとしなかったのが今の私だ。

    会社を選ぶ立場になれればいいけど、それってみんながなれるわけじゃない。ましてや正社員ってワクは特に難しい。っていう意見もある。

    仕事がない時は気持ちに焦りがあるから、妥協に妥協を重ねてしまう。私の今までのパターンでもある。それを阻止するためには、入社以前の条件の確認・書面をもらうこと。
    入社してから聞いてないよ〜ってことを阻止するため。
    せっかく内定をもらったってうれしさだけで簡単に条件に判子を押すのはNG。そこで冷静になれればOK。
    例え無職の期間が長くて仕事を志望していたとしても、長期的なことを考えて会社の判断をすることが大事・・・わかっちゃいるけど難しい〜。果たしてそういう状況になった時、理性を保てるか。正直自信ありません。
    でもさ、まだまだ働かなきゃいけない期間は長いんだよ。

    ---------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    新聞の記事にあったのだけど、今年の冬のボーナスは平均的に前回より少しプラスされる傾向みたいだ。景気の悪化も底を尽きたという記事だった。その勢いで景気回復をお願いしたい。

    売上げ好調の宝島社!
    あそこが出版業界でダントツ1位なのは敏腕女性編集長の力が大きいと思う!そういう人物になれればどこいっても通用する。でもそのワクに入る人はほんの一握りです。ただ目指すことはできる。





    スポンサーサイト

    • 2012.01.21 Saturday
    • 21:31
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      就活している当時、自分のやりたい事は決まっていないのがマズかった。

      会社を選ばなければ採用も簡単に貰えるし、
      勤務形態や優遇が募集要項に書いた内容と違っているなんてよくある話だ。
      ・・・という感覚に慣れてしまっていた。

      これまでのバイト生活が祟ったのだとも思える。(悪い方向の意味で)

      ここは一度、冷静になって どういう要件が揃っていれば就職を決めたいと思えるのか、
      自分の中で精査してから次の就職に臨みたい所。。。[;`-ω-]
      • すけ。
      • 2010/11/02 11:50 AM
      >すけ。

      >勤務形態や優遇が募集要項に書いた内容と違っているなんてよくある話だ。
      ・・・という感覚に慣れてしまっていた。

      確かにそういう風に仕事に対して考えた方が、どんな状況でも強いかもしれない。現に今の私にも言えること。

      よく考えるのは、若いうちはある程度我慢も必要だけど、やっぱり40代ぐらいからはゆとりをもって生活したいということ。そうなるためには今の段階でよい会社に入ることも大切だと思ったんだ。

      とはいっても、私の場合、年齢+職歴が多いから転職は厳しくなるだろうな。
      • ヤマ
      • 2010/11/04 12:22 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      アクセストレード


      Amazon新書・文庫検索

      EPSON Colorio インクジェット複合機

      【GOM PLAYER】

      amazon

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM